固定費対策こそ正義。マイホーム所持者は金銭管理徹底を

固定費対策こそ正義。マイホーム所持者は金銭管理徹底を

シェアする

check

住宅ローン返済過程において最大の敵は日々の出費ですね。固定費をいかに減らしローンとうまく付き合っていくか?がKeyになりそうです。きちんと出費はメモしたりウェブツール利用したりして管理しなきゃですねー。

スポンサーリンク

はじめに

住宅ローンを組む時は「無理なく今の家賃と同じ程度で~」が常套句。物はいいようですね。家賃には利子は掛かりませんがローンはあくまで借金なので利子が発生します。しかも年額数十万は当たり前。この利子が曲者で変動金利に設定すると今後景気浮揚時には金利が上がり月々の返済額上昇が起こって家計を圧迫します。

この金利変動分をしっかり頭に入れておかないと後々痛い目にあうので注意が必要です。

我が家の固定費と対策予定はこうなっています!

居住費(住宅ローン)

現状:12万円程。適用金利0.775%

はっきり言って安くはありません。いや、むしろきつい・・・。この半分で賃貸していたら、、、。いや言わないで起きましょう(笑)

対策:返済額軽減を行い将来に備える

返済額軽減とは繰上げ返済時に返済の期間は変えずに月々の返済額を減らし負担を軽くするという方法です。かなり漠然とですが10万円未満。99800円とかになるくらいまで繰上げしたいと思っています。

え?99800円の意味?

スーパーで売っている物の値段と同じ考え。。。です。はい。とてもチープです。

通信料

現状:携帯12000円、インターネット8000円

この通信代がとても高い。戸建のネットも高い。高い高い高い。。。

対策:スマホ⇒格安Sim、インターネット⇒WiMAX

もはや通信料を下げるにはこれくらいしかありません。でもこの対策で2万円⇒1万円と50%offになるのですから大したもんだと思います。年間12万円なのでインパクト大です。

電気代、水道代

現状:15000円

冬にたっぷりお風呂で暖房使わないと子供が風邪ひいて仕事休むことになって給料さがって。。。と負のスパイラルが起こるためリスク回避として目をつむります(涙)

対策:しません!!!

光熱費は使わなければ減りますが制限すると私がストレス貯まってしまうので、プライベートの出費を減らしてでも光熱費に廻す性格になってしまいました。

NHK受信料

現状:年間13000円

対策:できません・・・

年間一括なので最善は尽くしました。

保険(車)

現状:年間25000円

SBI損保に乗り換えてみたら37000円⇒25000円になったので、これ以上やりようがありませんね。

対策:なし

車の保険って多種様々だしプランによっても大きく変わるので、乗換検討している方はインターネットで一括請求するといいと思いますよ。1週間で10件以上も続々と見積もりが来ます。安さと利便性を考慮して選ぶとよいかと思います。

生命保険

現状:収入保証型

保険についての考え方はまた改めて記事にしたいと思います。日本人は世界有数の保険加入大国ですが心配性なんでしょうね。ただ住宅ローン抱えている人は団体信用生命保険に強制加入なので別視点で考える必要ありです。

対策:なし

収入保証型は1万円単位で死亡時の保険金を設定できるので現在10万円のところをもう少し減らしてもいいかなと思っています。何せ国の社会保険(私は厚生年金)が尋常じゃないくらいの安心制度なので。

養育費

現状:保育料が5万円

どうしようもありません。二人同じ保育園なので割引してもらっています。

対策:小学生に早くなってくれ!!!

あ、、、すいません。願望になっていました(汗)

まとめ

イメージになりますが金利1%で1000万円のローンを組むとは年間10万円が利子です。12か月で割ると8300円が上乗せされた状態で銀行へ納金となります。1000万円程度の借金でこれですからね。一般的にこの数倍はローン組むでしょう。日頃の節約はローンの負担を減らしてくれます。

今現在の低金利は問題ないですが上がっていったときのインパクトがかなり大きく子供を持つ家庭にはダメージが強烈なので「備えあれば憂いなし!」の精神で節約したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう