ついに嫁の心をゲット!子供の学費積立ができるぞ

ついに嫁の心をゲット!子供の学費積立ができるぞ

シェアする

LoveMamy

夫婦で価値観のちがいって難しいですよね。。。結婚する前や子供が出来る前なら取り返しがつくかもしれませんが、ベイビーができた後はすり合わせばっかり。

とくにむずかしいと感じるのがお金の感覚や子供の教育につかう割合など話し合いが絶えません。

そんな価値観のちがいから揉めるのですが今回は自分でも最高のアイデアで嫁さんに会心の一撃を与える事ができました。(もちろんいい意味で)

スポンサーリンク

はじめに

夫婦でお金の話って意外としない家庭多くないですか?なんだか心がぎすぎすしてきて話すのが面倒になるというか。。。(わたしだけでしょうか?)

けれども子供がいる家庭で将来のお金についてはなさないわけにはいかないですよね?

先日通信料の事で「革命が起きつつある!月々4272円の通信費削減達成か!?」を書きましたが、その話が今回はメインでした。

月々の出費?あんま考えていないと感じるのが不満

お金の話をめんどくさがられるとどうも考えてないようで不満があります。なので子供を例にして将来に必要なお金をたんたんとはなしましたが、「鬼嫁の耳にねんぶつ」「のれんに腕押し」話になりません!

ついにはテレビに夢中になってやがりました!!(わたしのセールストークの無さに涙)

子供を例に出してみると・・・

以外に食いついてきました!エサばらまき成功!

そして通信費の話にもっていき

「月5000円弱が変わるんだよ?年間60000円で15年で90万円!!だよ」
「子供の大学費用の頭金には十分すぎるくらいが貯まるのにやらないの?」
「高校あたりから貯金初めても間に合わないよ!!?」
「テレビ見ててもお金増えないよ?」
「最近お腹でてきた?」
「体かたすぎ!」

もう北斗百烈拳なみにくりだしました。途中からよくわからないほどの攻撃です。自分でも気づかないうちに私は泣いていたでしょうか(バカな)

嫁と話すと一言が十言になって返却されるので大変ですが今回は黙りました。黙ったのです!!

きっと黙秘は「YES」ですね。さぁさっさと二人して乗り換えましょうか。格安SIMへ。

まとめ

子供の成長を考えない親なんていないでしょう(そう思いたい)進学したいといえばさせてやりたいし留学したいといえばさせてやりたい。その希望を親が節約しないばっかりに芽を摘むのはいかがなものかなと思うのです。

わたしの気持ちはきっと大好きな嫁さんに届いたでしょうしお金についてもっと勉強してくるかもしれません(無理か)

こうやって楽しみながら節約をするのも家族をもった醍醐味なのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう