とても簡単な通勤費と保険料の関係。お給料貰う人は知っておくべき!

とても簡単な通勤費と保険料の関係。お給料貰う人は知っておくべき!

シェアする

trafic-tax

スポンサーリンク

はじめに

このブログを見ている方は会社員多いのではないでしょうか?わたしも会社員。給料をもらったら明細は軽く目を通しましょう。会社からのお給料に対して保険料がどれくらいすさまじいかよく分かります。

先日、会社で飲み会があり群馬~原宿まで毎日通っている方を発見。他県から東京都心までなので結構な通勤費。その人は月10万円分も新幹線代に支払っているそうな。ちょっと愕然としました。

通勤費は報酬の一部だという事実

日本年金機構」ってしってます?みなさんから預かった、年金を運用している会社です。(以下、年金機構)

この会社のHPで是非見てほしいページがあるのです。今日はこれ見終わったら帰ってよし!!ってくらい重要な事です。

それがこちら。 参考 日本年金機構 Q&A

Q. 標準報酬月額の対象となる報酬に、通勤手当は含まれるのですか。

A. はい、通勤手当は報酬に含まれます。

??となった方は税金を今後も搾り取られるかもしれない。ご注意を!!

上の文章は日本年金機構が「保険料を計算するとき、ちゃっかり通勤費も上乗せして計算するよ~」と言っているのです。

「はじめに」で少し触れましたがみなさんの保険料はすごい金額なのです。

通勤費と保険料を比較してみた(会社員として)

保険料の計算には「標準報酬額」が絡みます。まぁ年間を月で割ったくらいの金額。そのくらいに思っておけばOK。

お給料(標準報酬額):36万円 通勤費0円の場合。(25等級程度)

  • 健康保険料    :17946円
  • 厚生年金保険料  :30816円

お給料:46万円 通勤費10万円の場合。(29等級)

  • 健康保険料   :23429円
  • 厚生年金保険料 :40232円

差額はこうなる

健康保険料     :5483円
厚生年金保険料 :9416円

健康保険料+厚生年金保険料

月々 ⇒ 14899円 年間 ⇒  178,788円 うほっ!すごい数字。年間17万ですかw

もし月々14899円を年利1%で30年積み立て続けたらいくらになると思いますか?

30年後には 625.28万円ですよ?中小企業の退職金なみ。

By: dany13

まとめ

距離を取って遠くから通う!というのは時間的、金銭的にデメリットしかないのが現状です。

一時期遠くに家を買って都心にゆっくり通勤する。な~んてのが流行りましたが、普通に近場であるけて職場にいけるのが今のところベストではないかと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

『とても簡単な通勤費と保険料の関係。お給料貰う人は知っておくべき!』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2016/09/24(土) 09:54:24 ID:9ca759056 返信

    >先日、会社で飲み会があり群馬~原宿まで毎日通っている方を発見。
    >他県から東京都心までなので結構な通勤費。その人は月10万円分も新幹線代に支払っているそうな。

    計算例が一般的でないと思います。