マンションや戸建て住宅で騒音トラブルにならない為に注意しすぎるくらい注意を。

マンションや戸建て住宅で騒音トラブルにならない為に注意しすぎるくらい注意を。

シェアする

念願のマイホームを購入!
楽しい生活が始まる!!
のはずだったのが、入居まもなく新しくできた近所の居酒屋の騒音に悩まされる日々。
まさかこんなスタートを切るとは思いませんでしたが、逃げることはできなかったので、すぐ様リフォームしましたよ。

ほとんど迷わずに。
もし音に悩んでいる方がいたら、我が家はこうやって回避した!
という話が参考になるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

2011年、念願のマイホームを購入する

色々悩んだあげく我が家は注文住宅にしました。施工しはじめたあとも内装など追加できたので結果的に大分予算オーバー。

エアコン、 カーテン、テーブル、テレビのアンテナ。きりがありませんでした。

10万円くらいならまだよかったのですが、100万単位でどんどん上乗せ。しかも家のローンが数千万円なので100万円も少なく感じるスーパーマジック。

結構ぎりぎりまでデザイナーさんと話あって決めていきましたが住んでからの感覚が一番分かりません。

というか 住んでないのに分かる訳がない

家が建ち、引越し当日にアクシデント!

家が建っていざ引き渡し当日。夫婦二人でウキウキして中にはいったら、なんと「絨毯」がない!!

しかもフローリング。。。

思えば11月の寒い時期。床はキンキンに冷えて私たちを待ってくれていました。

住んでからも油断はできないよ。騒音の日々

それから1年が経ち近くに居酒屋が開店。その居酒屋が夜まで結構うるさくしていてですね、店長と揉めたのですが結局解決じまい。

住んで1年で私たちはここを出ていく訳にはいかないので嫁さんと色々話し合った結果、二重サッシの12㎜という強烈に分厚い窓を2階の全部屋に取り付けました。

ただ、さすが12㎜(当時最大の厚みだったとか)というべきなのか、断熱効果と防音効果がはっきり感じれましたので怪我の功名といっておきます。

元々、嫁さんはガヤガヤした音が大っ嫌いで「こんなつもりでは(うるさい状況がです)無かった」と超超超ごりっぷく。怒り狂って顔が赤くなっていました。。。。(ガクガク

70万円程掛かりましたが防音効果が凄まじかったので「お金なんかどーでもいいわよ!!」状態。こういう時、女性の決断力ってすごいです。はい。

まとめ

ほっとしましたが教訓があります。

家を購入し住む際は音に対しては細心の注意をはらった方がいいと思います。子供が出来たのをきっかけに・・・。なーんていうご家庭だと夜の車が家の隣を走る音で子供が泣き始めたり、我が家のようにお店が近くにあったりしてうるさかったりといった事態を避けれますので。

子供が小さいうちは、夫婦共々かなり睡眠不足になるので音のせいで睡眠不足に拍車が掛かかると大変不仲になりますしね。音から逃げるのは難しいので神経質になるくらい注意した方が無難だと今はアドバイスできます。

音なんか全然気にならん!!

という方ならまったく問題ないのですがね~。我が家は無理でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう