家事苦手だし手伝わない夫へ。家族はあなたの参加を笑顔でまっている

家事苦手だし手伝わない夫へ。家族はあなたの参加を笑顔でまっている

シェアする

By: SamahR

星都セイトです。みなさんこんにちは。

家事、育児苦手!って方はまだまだ多いですよね。でも苦手が明日から簡単に治るわけもないので少しでも協力するために何か手だてはないか?

誰だって慣れないことに挑戦するのは不安が付きまといますし、なにより覚えるのに時間がかかる。しかも効率も悪いときたもんです。

家事をしない手伝わない。そんな世の男性方、お気持ちはよーくわかります。苦手だったり面倒だったり色々でしょう。でも子供が小さいほんの数年だけ「背中を見せる意味」で家事を挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

主夫ではないけど笑顔の為に家事してます

嫁さんは夜勤をする人なので週末は子供二人と私一人。近くに親族なんて一人もいないので家事や育児担当に大変身。食事を準備すると子供が美味しいと言ってくれます。これはお世辞だろうか・・・。子供の観察をした結果あることがわかりました。

  1. 親の機嫌を取る。
  2. 本当に美味しいと思った。
  3. 本当にお腹が減っていた。
  4. 見たいテレビがあった。

このうち大部分は「1」なのですが時々「2」がくるときは、子供が好きな味付けをしてやるとき。夏は少し塩分大目でやってあげると特に食いつきが良かったなぁ。

こんな事ばっかりデバッグしていると子供に嫌でも興味が湧いてきますね(笑)

時々「2」が連続して起きると親としては嬉しいもんですよ。たくさん笑顔見せてくるしね。そりゃぁプリキュアの映画一緒に見に行ってやりたくなりますよ。(あれ?これは子供の罠か?)

子供の食事に自信がついてくると洗濯や掃除の面倒は些細なことに変わっていくもんで、嫁さんがいなくてもまったく困りません。長期の旅行もOK。いなくても子供は慣れているのでしっかり夜は寝てくれます。楽ちん~。もちろん母親がいなくて良いとは思いませんのでご注意を。

家事や子育てで時間の管理ができない人は大勢いる

世の中で家事や育児に張り切っている女性はたくさんいます。もちろん旦那さんも協力的になってきている日本。でも、まだまだ家事は女性の仕事。

男は水回りの掃除は苦手だったりしますが、あえてやってもらいましょう!苦手を克服してもらうい、家族の絆を強めるのも大事な旦那の仕事です。

夫婦で協力しながら、進めていけばいいじゃないですか。家事、育児、ぜーんぶ完璧にできている家庭なんてないですって。ぜったい。

ただ我が家は共働きだからわかるのですが、夫婦で仕事をしていると圧倒的に時間が足りません。もう泣きたくなるほどに。

特に仕事が終わってから「子供のごはん、風呂、洗濯、寝かしつけ」を想像しながら家に帰る時間が、憂鬱になるのも痛いほど分かります。

だから夫婦で仕事し金銭的に少しでも余裕があるなら、【CaSy】家事代行サービスとかもあるので検討してもいいかもしれませんね。意外と知らない人多いです。最近めっちゃ人気出てきていますけど。

登録は無料だし1時間2190円という業界ピカイチの安さ。「あ~!もう疲れて週末動きたくない!」ってときに限定して使うとかありですね。

少しづつ家事ができるようになってきている自分が誇らしい

家事をテキパキとこなせてくると女性の得意分野を会得していく感じでわたしは自信が湧いてきます。ほんの1年半前長男を生む時、胎盤剥離を起こして亡くなる寸前だった嫁。そしてあの時決意をしました。嫁がいなくても子供に不自由させない!なんでも自分でやる!家事も料理も!

もともと料理はきらいではありませんでしたが、さらに手を抜かないように心に誓った日でした。

家族はみんなで参加して家事や育児を経験するのが、後々良い思い出になりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう