情報に置いていかれる恐怖感じたことあるよね?え?ないって?

情報に置いていかれる恐怖感じたことあるよね?え?ないって?

シェアする

ブログを開始して約1か月半。とても充実しています。特に睡眠時間を削って楽しんでも苦痛じゃないところが今までとは別世界。どうしてそうなったかは「SNS」によって繋がったからだとはっきり分かります。

でも立ち止まったら動けなくなる。永遠に置いていかれるような感覚ないですか?病気ですかね?

スポンサーリンク

情報の流れが速い

ブログを始めてからの時間はとても速く感じます。Wordpress自体も始めてですし、CSSのカスタマイズなんてやったことない。おまけにフェイスブック、ツイッター。Google+。もう目が回りそうですが置いていかれると追いつく事は不可能な気がしていた。

初心者にありがちなのでしょうか。ブログ記事やSNS関連に反応があると嬉しくてのめり込む。毎日が全部自分の時間だったらそれもまだありかもしれませんが、わたしの場合は家族が居て時間も有限。

楽しい事には人一倍夢中になる為ややハマっていた節は感じています。

しかもツイッターなんかは流れが異常にはやいので追いかけるのがやっと。というかそもそもツイートを全部読もうとするのがダメなのか?ダメというか無謀なのか?わたしの場合はフォローしている人が少ないので考えれるだけかもしれませんが。

早く結果が欲しい

これは良くない癖。PV数増加。フォロワー増加。はやく結果が欲しい。。。いやいや、そんなに世の中あまくないですね。

燃え尽き症候群ってありましたね。全力出し切って何かを達成したあと他の新しい事に意欲がわかない。なんかまっしぐらに突進してたかもなぁ。でも不器用なわたしはやってみないとわからない!失敗しないとわからない!

客観的に自分をみれるようになったのが一番の収穫

客観性。本当に大事ですね。ひとしきり記事数も増え。50記事オーバーしてきたしPVも全然伸びない。逆にこれがよかったw なんとなく粛々とやりたいことやっちゃおう。みたいな空気が自分の中で出てきた。「あれ?っていうか、いつもの自分じゃね?」と。

そしたら微妙に追われていた感じも消え、恐怖も消え、適当さ加減は増してきた。いやー、ブログって本当にいいですね~~。

まとめ

以前だとこんな記事書いてませんでした。誰も得しないし誰もみない記事なんて存在価値ない。でも今はこう思うのです。

別にそれならそれでもいいんじゃね?

それでもSNSで関わってくれた方などとの関係を構築できたのも事実なので、無駄でなくむしろ良かった。もっと未来にいってからじゃないと現在のこの気持ちの正しい評価はできませんねw

しかしこの独り言でも1000字超えてる・・・。おかしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう