500円が20年後に1326円。私が怖くて安易にお金を使えなくなった経緯

500円が20年後に1326円。私が怖くて安易にお金を使えなくなった経緯

シェアする

結婚している方でお小遣い制の人って結構いるんでしょうか?確かに会社でも先輩や友人も小遣い制。金額はそれぞれだったように思いますが幅が違っていました。

小遣いの中から会社の食費代を払う人もいれば、スマホ代まで入るという人も。スマホ代を1万円使ったらそれだけで崖っぷちな気がしますが・・・。本人が納得しているなら構わないのですが、それって小遣いの範囲超えてません?w

わたしは小遣い制はありませんが貯金をする方法。厳密にはお金を使いすぎない体質になってしまいました。それは投資をし始めてからです。では何故そうなったのか?そしてみなさんもできる事を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

先日のツイッターでの話

ブロガーでお友達の「桃音さん、ジンさん」とこんな会話をツイッターでしました。旦那さんの小遣いが25000円だとのことで、わたしが「高いっw!」って言ったことから始まっています。

人によってお小遣いの金額はまちまちですが使える金額を決めるっていうのもきっちり貯蓄していくことには重要ですね。ただ私の場合管理しているのが自分なので小遣いの金額を決めるのも何かイマイチでした。

最初は何も考えず使っていましたが投資を始めたあたりから急にお金の出が減りました。

投資って結局は今使うか後で使うか

投資って言っても過度な資金を入れているわけでなく家庭の収入が入った時点で積立投資へお金が流れます。その差額が生活費等になっていくのですが、なぜそれが消費減につながるか?それについて説明しますね。

それにはまず複利っていう言葉を知らないといけないのですがご存じでしょうかね?

住宅ローンを借りている人なら十分承知だと思います。だって銀行が私たちに貸しているお金の金利は複利計算なので。

金利5%での例
1年目 1,000,000円投資 ⇒ 1年後の金額は1,050,000円
2年目 1,050,000円投資 ⇒ 1年後の金額は1,102,500円
3年目 1,102,500円投資 ⇒ 1年後の金額は1,157,625円

注目するのは2年目以降は5%の利子にも5%が乗ってくるので110万円にならないところ。これが人類最高の発見といわれる「複利の力」そしてそれを力強く援助するのが「時間」になります。

複利の力を表にしてみた

次の簡単な表が年間の利子と年数との比較表になります。

kinri

一般的に3%程度の金利があれば20年預けるだけで1.806倍になる計算。5%で20年だと2.653倍。どうでしょうか。なかなか激しい結果じゃないでしょうか。

今の消費と将来の消費には差がある

わたしが投資を始めて消費が少なったといいましたが、欲求がなくなったという事でなく「消費するのがもったいない」が正解かもしれません。

今日1000円のランチをしたとしましょう。それを仮に頑張って500円に収めた。残りの500円は5%のリターンが見込める投資へ。

その500円は20年後には1326円になります。500円だとインパクトないので別のケースで5000円ならどうでしょう。10倍の13260円。50000円なら132600円。段々リアルになってきますね。そうやって自分が寝ている間もお金に働いてもらいましょう。ムチうってねw

つまり今お金を使わないで比較的安価な投資へ回すだけで、将来楽ができる。そう思ったら今何かを買いたい欲求なんてどんどん減ります。必要なものと判断したらもちろん買いますよ。

ただ衝動的に買いたい!!って思うときは大体将来のことが脳裏に浮かぶので買わない方向へ進みますね・・・。

100%の確率はありませんが消費したら100%の確率で500円は手元から消えます。ま、経済的に500円は支払ったお店の所得になるので損というわけではありませんがわたしの手元からは無くなるので消えると書いています。

2014年1月11日に投資した100万円の行方はどうなったか。

投資、投資と記事にしておきながらまったく実績なんて載せていませんでした。まぁ初心者の私が結果を載せたところで値…

starmetro.info

最後に

投資をはじめたことでお金を消費する癖ははっきり言って無くなりました。完全に。でも逆に使うことに躊躇するようになったので、とてもけち臭い人間になっていくようでちょっと嫌悪感。

過去にキャバクラオープンから行ってラストまでお金使いまくって、なくなったら利率28%のア〇ムとかアイ〇ルとかで借りてきてまた遊ぶ。そんな壊れた20代を過ごしてきたので、お金を消費する事に寛容でなくなるのがなんか悲しい。

自分が抑えている消費部分はどの道子供の学費や家の修理で無くなる。残ったとしても家族のだれかが大きな事故や病気になるかもしれない予備資金。今は、そう自分に言い聞かせて日々過ごしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

『500円が20年後に1326円。私が怖くて安易にお金を使えなくなった経緯』へのコメント

  1. 名前:100万円損することは簡単だけど100万円増やすことは難しいよね 投稿日:2014/12/09(火) 21:08:46 ID:555a5f596 返信

    […] ターでお知り合いになってくれたセイトさんのブログ記事「500円が20年後に1326円。私が怖くて安易にお金が使えなくなった経緯」では複利の力を知ったら消費するのに躊躇する的なこと […]