初海外が中国。2014年関係が悪い国へと仕事で旅立つ!

初海外が中国。2014年関係が悪い国へと仕事で旅立つ!

シェアする

スポンサーリンク

中国出張に行ってきました

12/10〜12/17で中国出張に行ってきました。38歳まで海外経験がない私が最初に命じられたのが中国という。なぜこのタイミングで中国なのか・・・。とても運命を感じます。

日本以外の国のイメージなどテレビやネットだけ。実際ほんとうに思っている通りなのか?とても疑問でした。結論から言うと日本人だろうが中国人だろうが同じ人間なんだな。

そう思わざるを得ないことばっかりでした。嬉しければ喜んでくれるし、歓迎も心からしてくれる。知らない人からは遠慮しながら接せられる。

初めてが中国で実は良かったんじゃないかな。まだ私が見たのは極極一部かもしれませんが。

中国で出来ないこと

日本を出国して現地でもブログ更新やツイッターなど楽しむ予定でした。ところが!

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ワードプレス
  • グーグル(Gmail、検索、Youtue、アドセンス、アナリティスクなど)

これらにアクセスが出来ません。完全にブロックされています。仕事で超多忙という訳ではありませんでしたがインターネットサービスが完全に中国モード。

外界と遮断された状態。中国人の友人何名かに「Youtube知ってる?」と聞くと総じて。「不知道(知らない)」と答えます。今の時代でYoutubeしらない先進国(後進国?)があることにびっくりでした。

Googleは知らなくてもipadは売れているのでapple社は知っていました。ホント変な国や。

ただYahoo!JAPANは爆速!!意味がわかりません。日本語検索したいときはYahooを通さないといけないので面倒といえば面倒ですが中国人が日本語検索するときはYahooを通す?

これはYahooで検索されるキーワードは中国人対策のSEOに・・・。なるわけないかw

ローカルな居酒屋は旧日本のよう

現地で何件か居酒屋へ。居酒屋と言うより飯屋というべきか。羊肉が冬の寒い時期はよく食べられているみたいで羊肉鍋を会食している時でした、なかなか美人のお姉さんが犬連れてご入店。

私は結構ショック。日本でもさすがに犬連れて入ってくるお店はそうそうありません。

そしておもむろに自分の座っている椅子に紐を括りつけて二人。いや一人と一匹で食事開始。店員さんも笑いながらいつも通りの対応している状態。そしてお客さんが「可愛い子犬だね〜」って話しながらお店出て行く。

そういった風景を見ていたら自分が過去田舎で連れて行ってもらっていた故郷のお店とシンクロしました。

お店に来る人がなぜか仲良くなって友達になれる。今の都会の日本では想定できないフレンドリー加減。居酒屋の原点を見た気がしました。

初海外は緊張

こちらに帰ってきたのが12/17。すぐブログを更新しようと思っていたのですが、初海外ということもあり緊張しっぱなしだったのでどっと疲れが・・・。

まだ風邪引かなかっただけ良かった。やっと今週末にゆっくり寝た気がしており他のブロガーさんの記事をちらちら読みながらリハビリしています。もう少しスローランニングしながら元の記事更新レベルへ持っていくつもりです。

緊張して疲れていないように感じていても体は正直に疲れを示しますね。これから海外へ行かれる方は風邪にご注意ください。

まとめ

写真やネタはもっと貯めてきたので近々更新させもらいます。ツイッターで流した異常な路上駐車。強烈に大きい交差点なのに信号がない!中国の出店で串肉を腹痛覚悟で挑戦!地下鉄に落下防止ゲートが・・・。とか色々ありましたよ。

1度でなく後何回か言ってみたいですね。中国語勉強してみようかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

『初海外が中国。2014年関係が悪い国へと仕事で旅立つ!』へのコメント

  1. 名前:煙々 投稿日:2014/12/21(日) 11:56:13 ID:a4296f1b9 返信

    まるで自分をみているようです。初の海外が中国で、それも仕事がらみ。仕事場のビルから殆ど出なかったこともあり、中国の良さを体験できませんでした。それに、どうせ行くなら仕事ではなく観光で行きたいとも。

    観光でいくなら暖かいところと思うなら、中国どうでもいいやってことになっています^^;;
    常夏の国かも~んって感じですね^^

  2. 名前:セイト 投稿日:2014/12/23(火) 17:31:05 ID:85d108502 返信

    煙々さん
    コメントありがとうございます。
    中国ってなんていうか・・・。ワクワク感があまりないですよね。ヒヤヒヤ感はありますが・・・。
    ブログのネタ探しなら最高の場面ですが(汗)