やりたいこと書きたいことでお金も稼ぎPVも伸ばす年へ!

やりたいこと書きたいことでお金も稼ぎPVも伸ばす年へ!

シェアする

2015年。明けましておめでとうございます。今年もあなたとあなたのご家族共々平和な一年でありますように。

2015年は色々と興味がありそうな出来事が予定されています。今後起こりうることに対して事前想定し準備することも親のつとめ。また沢山勉強する必要でしょうね。

スポンサーリンク

娘が年長へ

我が家のイベントとしては娘が年長になり翌年から小学生。いままでは保育園で夜の20時まで見てもらえていたのが、小学校では不可能。学童保育で18時か19時頃までは見てもらえるはず。

だとしても共働きの夫婦としては毎日19時までに帰ってこれる保証はありません。いや、、、無理でしょう。ということは対策を立てておかないといけないし、根回しも必要。

例えばご近所でも同じ境遇の人がいればお互い知り合いになったり、知恵を絞ったり。数ヶ月でバタバタとやっていたら失敗の元でしょう。準備8割。

※準備8割:成功する秘訣の一つに事前準備を8割することが大切だという言い回し

ふるさと納税と子供版NISA

ふるさと納税の拡充について詳細を勉強しないと。現段階の情報は所得税部分が消えて確定申告不要になり住民税部分が2倍に!となっていますが、大体最終的に「ただし!!」ってなるのが国の政策の常。

その「ただし!!」については丁寧に勉強する必要がありそうですね。

加えて「子供版NISA」金額が80万円程度になるようですが、NISAの特性上、強制的に解約されると運用益マイナスが発生するので、その点を子供の学費として運用すべきか?疑問が残ります。

また18歳まで引き出せないのにお金は追加で投資できない期間があったり。なんだかよくわかりません。NISAが問題ありなのにさらに子供版では複雑化しているので、いずれにしても勉強しないと。

やり方次第では子供のいる家庭にメリットがあるようになるといいですね。まぁ面倒でやらない人多いでしょうけど・・・。

2年分の非課税投資枠と運用益を大公開!

2014年にスタートしたNISA。中々浸透しないながらも2015年にはさらに口座開設は進むでしょう。若い世代も…

starmetro.info

住宅ローン金利の行方

アベノミクスで株価はあがっているようですが長期金利は上がっていません。つまり日本円は人気があると。。。そして住宅ローン金利も上がらず、むしろ平行線か下がっている。

住宅ローン控除終了の10年後に一括返済するつもりでしたが、低金利過ぎて借りていても問題無い上に無理して返済し家の家計が圧迫されるリスクを持つことになるので、考えもの。

変動金利の上昇に備える思考回路と対策方法を提示

今、日本は超低金利状態です。大手地銀も住宅ローン金利の引き下げ競争をしていますがネット銀行にはきっと太刀打ちで…

starmetro.info

こちらでシュミレーションしたように低金利時代に無理して返済するリスク。また、金利上昇局面が家計にどう影響するかのリスク。この2点から相対的に家計状況と相談してやりましょうね。

転職や企業について

もはや大企業でもリストラを毎年している時代。中小企業へ勤めている私にお達しが来ても誰も特に驚きません。いや、来るときが来たか・・・。となりそう。

そんな時のバックアップを考えたり準備したり。想定することは大事ですしあり得る話なだけに、まじめに取り組んで行きたい。そう思っています。

企業についても個人事業でやりくりできるなら最初はOK。青色確定申告もやったことないし、本当の意味での税務関連業務もやった経験なし。

ただ経営側からの会計処理については少しづつ勉強しているので、いつか役に立つ時が来るといいかな・・・。

ブログの方向性について

2014年はブログスタートの年でもあり、記事開始から2週間ほど迷って迷って迷って。とそんな気持ちが記事になっていました。自分でも、思考がグルグル回りながらなんとか歩いていたような記事になっています。

ブログの書き方は迷う事で成長するんじゃないかな?

WordPressへ移行しブログを書き始めて約20日。思えばエローラさんの記事を見てとても感銘を受けたのが移行…

starmetro.info

2015年に近づくにつれブログの方向性と自分がブログに書きたい方向性が見えてきました。以前までは記事の見直しに2時間も3時間もかかっていたのが、いつのまにか1,2回ざっと見直しをして公開へ。

どちらがいいというつもりはありませんが、時間が短縮されて書く力は少しづつ上がってきているかも?

書きたいことを書きたいように書く楽しさ。この気持ちを忘れないような記事にしていきます。

目標は月間2万PV。年間30万PV。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう