例え相手が出さなくても私は年賀状を出すと思う

例え相手が出さなくても私は年賀状を出すと思う

シェアする

世の中がどんどん便利になってきています。時間ですらお金で変える人も多々。SNSも発達し世界中どこにいてもいつでも好きな人と連絡を取る事が可能な時代。

もちろん私自身も恩恵を受けていて、それを否定するつもりは全くありません。むしろ逆にありがたいと思っています。

スポンサーリンク

正月恒例の年賀状

ここ何年か年賀状を送る際にコメントを入れているのですが、「また飲もうね!」「いつか会おう!」「元気ですか?」この類のくだらないコメントばっかりでした。

今年はコメント欄を大きく増やし、自分の現状や相手側の変化についての問いかけ。心使い。本当に丁寧にコメントしました。というのもブログを始めた事が大きかったかな。

ブログを書く人なら「画面の向こう側」に見ている人がいるということを少なからず意識しますよね。もしくは問いかけに近い記事を書いたりすることもありますよね。

年賀状も特定の人に出すのですから、そもそも粗末なコメントするほうがおかしい。そんな初歩的なことも考えないまま年賀状を出していました。反省反省。

手書きの文字の魔力

いわずもがな。所詮デジタルの文字には感情が込められません(文章には込められる)。じゃぁ手書きならできるのか?答えはたぶんYES。文字の濃さ、節々に見える丁寧さ。人間性が文字に現れるのは必然じゃないでしょうかね。

その道のプロではないのでわかりませんが手紙をもらった事がある人なら、なんとなく分かると思います。

最近は大分減らしましたが、親族へ写真を年に2回ほど手紙付きで送っていました。子供も文字を覚え始めると送られた側は成長をイメージしながら読めるから。

手間暇掛かりますが家族全員で楽しく作業できるのでSNSでは味わえない一体感があります。ぜひともオススメしますよ。

年賀状を送るまでもない人

年賀状って少なからずお金かかるし手間も掛かる。ここ数年で大きく選別し恩がある人。自分と関係が深い人。絞って絞って夫婦で100人切るようになっています。

縁が深い人ほど適当なコメントしたくなくなったので大きく精度が上がったように思えます。

それ以外の人へは形式的にSNSやメールなどで挨拶し終わりですね。

記憶に残る

SNSもメールも年賀状も年明けに見てそれで終わり。たぶん大勢の人がそうだと思います。見返すことはあまりしないんじゃないかな?

だからこそ記憶に残るものにしたい。縁が深い人と年1回くらい便りをつてに繋がっていられるなら嬉しい限りです。

最近年賀状を送らない人が増えてきて通知して終わり。そんな世の中へと変化してきている気がします。時代は流れて価値観は変わってくるのでそれもあり。

その変化を受け入れられないほど私はリテラシーがないわけじゃありません。

ただ、人間と人間はそう簡単に深い繋がりを保てる関係へと進化できるとは思えないのです。長い時間と共有した濃い経験。そんなものが入り混じって、深い仲へ至る。

自分が死の淵に経った時、危機に経った時、手を差し伸べてくれる人は深い深い思いを分かち合っている人だけだと思っています。

まとめ

私は相手が出せない状況、出さない状況は人生の中で何回もあったりなかったりだと思っています。人間の浮き沈みと一緒ですね。

自分が年賀状を出せる状況が整っているなら例え相手が出す気がなくても出し続けると思います。おせっかいかもしれませんがw

年月が過ぎ「あぁセイトはずっと自分のことを気にかけていたのかもなぁ」と相手に思って貰えたらとても嬉しい限りです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう