1年間洋服を買わないと決めて得たとても重要な経験則

1年間洋服を買わないと決めて得たとても重要な経験則

シェアする

2014年初めにお金を今後に向けて貯めよう!無駄なことに使わないで将来必要なことに投資しよう!自分自信の目標として設定してみました。その中でも特に明確に決めたのがこれ。

今年は洋服を買わない!

というのも今までは欲しい洋服があれば嫁に浅く相談し買う。買う。買う。

夫婦とも働きということと、ギャンブルやタバコと縁を絶っているので使うとすれば「子供、お酒」この2種類だけ。

他に使うことがなかったのでデパートにいけば試着しいつのまにか購入していました。

それではいかん!!そう思い一切の洋服購入を辞めてみたのでした。

スポンサーリンク

くだらない目標だったが確実にお金の減りが無くなった

考えなおしても、かなりどうでも良い目標です。明確に別で使う予定があるのではなく単純に「このままじゃいけない」という動機。

ところが目標を設定すると逆の事がよくあるもので。超激安で欲しかったブランドが売りだされる。

嫁と買い物に行っても「似合う」と言われる服が度々出てくる。おまけに正月にも福袋を安く売るから買って!と洋服屋の友達にせがまれる。

人生って非情ですよね。普段あんまり気にかけないと簡単に過ぎ行くくせに、我慢すると余計目に入る。そして誘惑と化す。

洋服を買わないなんてくだらない目標設定するんじゃなかった・・・。(汗)

そんな日が続きましたがブログ同様に「続けること」を第一に思い2014年はなんとか購入0を達成!!

くだらない目標を手にゴールへ到達できたのでした。

物を買いまくっても対して心は満たされていなかった現実

今でこそ物欲が大きく減った私も、数年前はブランド物、洋服、電子機器とあれこれ買っていました。特になにも考えずに!我が家は共働きなので、幸い金銭的には特に追い詰めれれておりません。

その為欲しいものを我慢することも特になく、なんとなく欲しかったら買う。「経済活動の為!」などと都合のいい言い訳をしてお金を消費する。

今思ってみると、本当に欲しかったのかな?そんなに必要だったのかな?

そう思えるくらい適当に使っていた時期が長かった。

物を買ってスッキリ!」した気分になっていただけでした。

2014年は改めたいと思ったのはただのきっかけ

そんなことから2014年度はお金を将来に向けて増やしていこうと思ったので「くだらない目標」を設定したのでした。

とてもくだらない目標でしたが、「やらないよりやってよかった」と今は感じます。

そして棚卸をしてみると、まぁ洋服は出てくる出てくる。着ていない洋服やズボンなどよく出てくる・・・。この着ていなかった洋服たちを今後きちんと使っていこうと決めました。

そうすると5年以上は洋服買えないかな(汗)

お金って大事やね!

服を買わないように慣れる行動は断捨離が手頃で簡単

最初に断捨離とは?

断捨離、断捨離ってよく言われます。断捨離ってご存知ですか?使わないもの、必要のないものを処分し執着から離れる事。これって昔っから流行っている訳でなく2010年頃辺りから特に広まり始めたそうな。

私も例外なく必要のないものまで貯めこんでしまい、衝動買いした洋服など山のようにありました。

とても簡単!!処分する行動パターンを説明するよ

うしろ髪引かれる思いにかられながら、3段階に分けながら超!いらないもの。少しいらないもの。使わないと思うけど捨てるには忍びないもの。と小心者の行動パターンのように段々と処分。

最初は心理的効果が薄かったのですが、3段階目辺りになると不思議と処分するのが楽しくなるという異次元ぶり。もしこのブログを見ている人で断捨離、挑戦してみようかなぁ〜。と思っている方は是非一度にやるのではなく、段階を踏んでみると良いと思います。

慣れが大事なのです。

2015年の3月後半現在。3ヶ月経とうとしていますが、相変わらず欲求不足。

逆にこのままでいいのか?そう思ったりもします。なにせあんなにブランドアクセサリーや洋服を買っていた自分の心境を忘れたし、「欲しい!」と駆り立てられない・・・。

このままお金使わない方向でいくのでしょうか(笑)

まぁそれはそれでもいいですけど。高価な物はスーツや「ここぞ!」っていうときに使う正装、アクセサリーなどで十分だし。

一度気持ちさえ抑えちゃえば、気持ちは再度高ぶってこないもの

今はまさに、修行僧の気持ち。物欲を抑えていくと段々物欲自体は消えていく・・・。

家や車などの大きな買い物をして、そろそろ欲しいものは服くらいかなぁ。そんな気持ちを打ち消すかのごとく洋服を我慢していたつもりが、欲しい気持ち自体が湧き上がってこない。

うーん。物を買わなくても何も感じなくなってくる自分。一体何のために仕事をしてお金稼いでるんでしょうかね?ちょっと不思議に感じる。

いえいえ、子供の為。そう自分には言い聞かせることにしました。あ、忘れていました。お酒の為だった!

自分の為、家族のため、目標を持っていくことで自分の行動を律していくことこそが人生の重要な経験だと私は思います。

本当のミニマリストは必要なものだけで過ごすということ

最近ミニマリストという言葉をよく聞きますね。英語で「Minimum」とは最小限。最小。とう意味です。つまりミニマリストとは最小限のものだけで生活する人のことになりますね。

私は自分でミニマリストとは程遠い生活をしていますが、思考は良くわかります。絶対に必要なものが、今は「あるべき」であり、それ以外は「あったら便利」という気持ち。

ところが人ってそんなに簡単に気持ちの切り替えはできませんよね?だからこの記事で書いたように「断捨離」から始めてみたり、使わなくなったものを一度、買い取ってもらって整理したりすることで気持ちをスタート地点に戻すことができます。

でも思い出の品とかは売らないほうがいいですよ。私の場合、もう10年以上前になりますがバーバリーのブラックレーベルからバレンタインデー限定のTシャツを購入しました。(ハートマークが胸にあるやつですね)

とても仲の良かった友人に薦められてお気に入りだったものです。なので、その友人と沢山遊んだ思い出も含め売らないことに決めました。

逆に衝動買いしたような洋服はどうなんでしょうか。うーん。どうしても残しておきたいか?そう言われると、とても疑問。そんな思いがあれば買い取ってもらうことですね。

誰だって最初から浪費家ではありませんからね。このミニマリストの思考モードに向かっていくのは、あながち間違ってはいないと思っています。

別に欲しければいつでも買える状態だけ作っていればいいですからね。でも実際、段々欲しくなくなるのが面白いところ。

なかなか前に進めない!って人は10個ある服を全部一度に!と意気込まず、1個ずつゆっくり整理していったらいいと思いますよ。焦らずゆっくりとね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう