中国人彼女が残していった意外な価値観を話そう

中国人彼女が残していった意外な価値観を話そう

シェアする

2015年は中国語を勉強してみようかな。O型でかなり飽きっぽいセイトの心がそう言っています。今まで継続して一番長いのが「嫁との夫婦生活」と自分の人生。という結構ダメ人間なのです。ははは・・・。

そのダメ人間のセイトが中国語を勉強?自分でも笑ってしまいます。

スポンサーリンク

中国との関係は意外に人生で深かった

今から20年前。大学入学仕立ての頃に出会ったある人がいます。

「華」という中国人女性。彼女は大連から日本語学校へ入学し学費を稼ぐ為にバイト。私の働いていた福岡の中洲に辿り着いたみたいです。

華は化粧が大嫌い。でも料亭って少しはお化粧して見せる商売でもあるので店長から「せめて口紅だけでも・・・」そう言われ、慣れない口紅をしてきては、はみ出し、別のおねえさんから注意される始末。

そんな華は私の下らないおやじギャクがツボでいっつもケラケラと可愛く笑っていました。そんな華なので同じバイト先の仲間からも大人気。

今は違いますが、当時のセイトは中国人って酒度の強い酒を飲むイメージがあり、みんな酒が強い!勝手に思っていました。華も予想に反せず酒豪。ビールの一気飲みなんてお茶の子さいさい。

ずっと一気ゲームしてたなぁ。

二人の仲が急接近

そんな華とはよく二人でカラオケなんか行ったりしたなぁ。彼女が歌ったのはこの曲。

ZARDの「君に逢いたくなったら」

今、中国語が全くできない私からすれば発音もいいし歌詞も綺麗に読み取れるし、どんだけ優秀なんだよ!ってくらいのエリートだったんでしょうね。

歌の中にこんな歌詞があります。「大丈夫だよという君の言葉が、一番大丈夫じゃない

恋愛中の不安な心の揺れをよく表現していると思います。彼女がカラオケで歌った後、そう思いながらいいました。

「華。付き合ってみない?(どう思いながらだよww)」

セイトまじか??本気か?中国語なんて「ニーハオも満足に言えないんだぞ?」

次回つづく・・・。

初海外が中国。2014年関係が悪い国へと仕事で旅立つ!

中国出張に行ってきました 12/10〜12/17で中国出張に行ってきました。38歳まで海外経験がない私が最初に…

starmetro.info

とか言ったらもう二度と見ない!って言われそうですね。

答えは「YES」なんと大学時代での初恋人は中国人でした。

楽しい日々から一転

文化も母国も言葉も行動もテンションも違う二人。そんな二人は恋人になり大学時代を楽しく数ヶ月過ごした頃、突然訪れました。バイトのみなさんが期待している別れが・・・。

彼女が個人的な理由で一時帰国。2週間ほど経って日本に戻ってきました。そして私にこう告げたのです。

私、結婚します

もはや学生の私には驚愕というレベルでは説明できない心境。結婚?結婚って好きな人同士が籍入れること?あれ?うちらカップルじゃなかった?

笑うしかかなったですね。笑う意味すら理解できない笑い。

心の不安定と人間不信に陥った大学生活を過ごし社会人へ・・・。

新しい出会い

社会人2年目の頃でした。会社の友人の紹介で知り合ったスナックの女性。それが超可愛くて!タイプで!性格良くて日本語ペラペラで運命の人!!!

料理が得意。特に辛い料理がね。唐辛子たっぷり使って台湾の地元の香草メインのカレーは絶品!

というわけにも行かず。スナックで出会ったのは台湾出身のママ(50)でした・・・。

それから10年近くママと仲良く連絡の取り合い。当時はLINEとかないしメールや電話でのやり取り。それはそれで楽しかったですが恋愛対象としては無理でしょうw

だって自分の母と同じくらいの年齢なんですもの。

ママは日本語ペラペラでしたが、私はずっと中国語を不勉強。その為中国語で会話している際は何を話しているのか全くわからず。いっつも歯がゆい思いしてましたね。

あれから20年

きみまろさん並に落とせればいいのですが、技術不足・・・。20年経って華とは一度も連絡を取ったことはありません。ママとも段々距離が出てきて連絡せず仕舞い。

今思うと中国語を勉強していれば為になった場面は色々ありました。仕事でも中国人と仲良くなったし。

そんな事もあり今回中国語を勉強してみようという気になりました。人生で今後、2回、3回とビジネスチャンスがあり、中国語が絡むときもあるように思っています。

来るチャンスの為に娘をだしに中国語!勉強してみますよ!

また飽きちゃうのかなぁ・・・。

中国語を習うにあたって

前置きが強烈に長くなったのですが、今回申し込みをしてみました。娘と二人でセミプライベートレッスン。月2万円也。

嫁に話した所「高っ!!」でした。ただ続いた言葉が愛にあふれていました。「どーせ言ってもやるんでしょ?二人で元取りなさいよ」

元取りなさいよ!

なんと愛に溢れた言葉でしょうか。元取るまで家帰れませんですぅぅ。

値段に思ったこと

貯金や投資のブログを書いてる手前、マネーにおろそかだとまずい。月2万円はかなり出費としては大きい為、結構躊躇しました。ただ別に思ったことがあったのです。

それは教育ってお金かけれる方が圧倒的有利だな。って。例えばこれが団体でのレッスンなら半額になりますが上達速度はどうでしょうか?人それぞれだとは理解してますが環境次第で有利不利は大きく左右される。

つまり教育はお金を多く出す方が将来的にもリターンが大きい可能性がある。その可能性を倍加させるのはもちろん自分ですが、環境が良いなら持続力も増すというもの。

元取る為には投資額も中途半端にしない心掛けも大事。そんな風に思ってしまいました。

まとめ

月2万円で10年続いたとして240万円。娘が大きくなった時に異国語を流暢に話せて、文化も理解していたならば240万円って激安なのかもしれませんね。

時間は戻せないし娘の言語の上達する可能性も歳を取ってからでは差がでるでしょう。

投資について年間リターンの割合ばっかりに目が行っていたので今日はちょっと頭を冷やせました。

中国人の華と出会った当時があったからこそ、今の価値観が私に生まれています。そして、教育投資のリターンは数字でみえないけど、必要性を感じれる自分へとなっています。

親としても、教育投資をするマネーの配分はとてもとても気持ちのバランスが重要なのですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう