実録!5歳の娘を心から本気にさせた親からの言葉

実録!5歳の娘を心から本気にさせた親からの言葉

シェアする

蛙の子は蛙。子供はいつになっても子供だとずっと思っていました。つい先週まで・・・。

去年5歳になった娘は、甘えん坊でいたずらっこで変な顔して親を笑わせる。どこにでもいる普通の子供。小学校に入っても中学校に入ってもまだまだ子供だなぁと感じていくんだと錯覚していました。

ところが5歳の娘も本気になると・・・。

スポンサーリンク

それは突然の思いつき

先週の記事です。私の過去の歴史を少し振り返った記事なのですが、結果として中国語を少し勉強してみようかなぁ〜。そう思いつきました。

ここ大事なところ。「思いついた程度の軽い気持ち」でした。

中国人彼女が残していった意外な価値観を話そう

2015年は中国語を勉強してみようかな。O型でかなり飽きっぽいセイトの心がそう言っています。今まで継続して一番…

starmetro.info

そんな軽い気持ちで娘にこう言いました。

セイト「ねぇ、パパ中国語勉強してみようかな?」
むすめ「中国語?英語と違うの?」
セイト「違うよ〜。パパ習ってもすぐ忘れちゃうし一緒に勉強する?」
むすめ「うん!!」
セイト「わーい。じゃぁパパ分からなくなるから助けてね」
むすめ「いいよぉ〜」

娘は本気になった

翌日からやけに中国語のレッスン開始日を気にする娘。この時点では申し込んでもいないので当然開始日なんて決まっている訳もなく。

ただ娘はすでに本気だった。5歳だと見くびっていた自分がいました。

むすめ「中国語いつから〜〜?」
セイト「うーん、明日先生に聞いてみるね!」
むすめ「わーい。中国語覚えてパパ助けてあげるね〜❤」
セイト「嬉しいこと言ってくれるじゃないかw」
むすめ「中国語覚えたら、旅行しようね〜」
セイト「・・・ん?そ、そうだね〜」
むすめ「美味しい食べ物食べたいねぇ〜」
セイト「(な、なんの話になってるんだ・・・)」

5歳の娘が「」に見えてきて仕方がありませんでした。将来こうやって強請られる男性が出てくるのが目に見ています。ご愁傷様です・・・。

娘が「旅費はもちろんパパ持ちね(はーと)」とか言いそうで変な不気味さを感じました。女の子は成長が早いとは言いますが、ませてますよねぇw

セイト「美味しい食べ物だと??チョコ食ってろ!!チョコ!!がははは」
むすめ「ゴディバなら食べるぅ〜〜」

とか言うかもな・・・(汗)

娘を本気にさせた言葉

振り返ってみると娘を本気にさせた言葉はきっとこれだと思う。

「わーい。じゃぁパパ分からなくなるから助けてね

なぜかと言うと私が娘を本気で頼ったから。普段冗談で頼ることはありますが本気で頼るというと極々わずか。今回のケースは中国語を習うという事ですが、5歳から数年外国語を習えばどちらが上達早いか考えるまでもない。

数年後流暢に中国語を話すのはきっと私じゃないでしょう。その状況が透けて見えたので本気で頼ったんでしょうね。私が。

それを本能的に娘は感じ「ここが私の出番!!」となったんだと思います。

下の息子は最後の子供。上の娘は最高の子供。

子供の成長は速い。よく聞く話ですね。ただ子供がいる家庭だと毎日が多忙かつ毎日追われて、遅く感じるかも。子供がい…

starmetro.info

子供も頼られる事に誇りを持つ

たとえ5歳時だとしても、人に頼られたりするのは嬉しいのでしょう。それがいつも頼っているパパから本気で頼られる。ここまで自尊心をくすぐられるのは少ないでしょうね。

きっと最高の心地よさだったんだろうな。私は気付かなかったけど・・・。

5歳頃になると子供扱いしないでいいですかね。ひとまず言えることは

本気で頼れば、息子、娘も本気なる!

という事実でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう