自分が他界し残された人が温和な人生を送れるよう金銭的な設計をしてみた

自分が他界し残された人が温和な人生を送れるよう金銭的な設計をしてみた

シェアする

一般の生命保険は終身医療特約付きタイプがとても多く訳もわからず入っている人を多数見かけます。そして私も同じように「訳がわからず入っていた」一人なのでした。

過去系なのは、自分には終身医療タイプは必要ないと思い、解約へ踏み切ったからです。そして人生の中で不安が少し消えました。

※あくまで我が家のライフスタイルを考慮した内容で全員にあてはまる訳ではありません。

スポンサーリンク

勉強し解消した不安2つ

マネーの部分

こちらの記事で書きましたがマネーの面でも相当効果はもたらしています。なにせ二人で年間28万円ですからね。ちょっと普通の節約じゃこの金額は捻出できません。

月々のお金が二人合わせて2万円以上増えるって結構インパクトあるもので、いつでも使えるお金をストックできるのは余裕を持ち不安を解消するいい役割です。

生命保険見直しで年間28万円の節約。20年だと560万円も!

住宅ローン、カーローン、洋服の支払いをローンで。ローン、ローン、ローン・・・。私たちの身の回りでローンって言葉…

starmetro.info

自分が不安だと感じていた事を認識した

実際生命保険って何のために入るのでしょうか?万が一の為ではあるのでしょうけど、万が一が起こった時に何が不安?それをよく考えていなかった・・・。

後述しますが、そもそも不安を生み出している根本原因をきちんと整理できた事はスタートラインに立ったと感じました。

根本的な不安

私は住宅ローンを抱えています。加えて子供が二人。嫁は仕事持ち。私が万が一他界した際に残された人が困るシチュエーションを想定してみます。

  1. 住宅ローンが残る(お金の不足)
  2. 子供の学費が発生(お金の不足)
  3. 子育てを一人で嫁が賄う(時間の不足)

大きく分けてやはりこの3つ。お金と時間の問題が起きるでしょう。まずはお金の問題から解消することにしました。

住宅ローンに団信は必須。注意して欲しい事が1つある。

団体信用生命保険って知ってますか? 住宅ローンを組んだ人じゃないとわからないかもしれませんね!でも「生命保険」…

starmetro.info

必要なお金はいくら?

我が家はペアローンを組んでいます。夫婦共々、団体信用生命保険(死亡時にローンがチャラになる)に加入しているので半分は借金が消える為、問題1は解消。では残りの子供の学費をどうするか?

我が家は「収入保障保険」と「遺族年金」を活用します。

収入保障保険とは掛け捨てタイプの保険で死亡時に決まった金額が相手が60歳(自分で決めれる)になるまで受け取れる仕組み。

受け取れる金額も1万円単位で設定でき値段も比例して上がっていきます。

仮に明日私が他界したとしましょう。そうすると月10万円の保障保険が60歳まで支払われます。加えて遺族年金は子供が18歳になるまで14万円程度貰えるので合計24万円。

この金額は現在我が家が普通に暮らせている私の収入と大体同じ。つまり私が他界した場合ローンは消え収入は同一という状況になりますので普通に貯蓄してけば子供の学費は大丈夫。

お金を大事に、上手に使い資産形成する考え方

はじめに 小さいころ新聞配達をしていました。中学生と高校生の間で4年間くらい。中学時代にコツコツ貯めた20万を…

starmetro.info

子育ての時間不足が肝

私の住宅ローンが消えるので、24万円があれば嫁は仕事をやりつつ今よりも金銭的には生活水準が上がります。ところが時間不足はどうしようもありません。今まで二人でやっていたことを一人でやるのですから。

ただ信頼できるところから信頼できる人を家政婦として雇える状況を作り出せれば、時間不足はやや解消すると考えています。そういった市の制度や民間の会社は最近多いので。

嫁の時間をどうやって確保できるように考えるか・・・。それを考えるとやはり金銭で解決するしかないと思い収入保障の金額を10万円に設定しています。

最後に

保険ですから万が一は無い方がいい。ただ起きた時に慌てふためくのではなく、「準備はすでに整っている!」と嫁や周りが安心できるように段取りを組んでおくのも私の役目なのかな?

勝手にそうやって思っています。

鬼嫁だから好き

私は仕事が終わり子供と一緒にお風呂に入るのが日課。仕事で毎日とは行かないので時々は帰れませんが、ひとまず私の「…

starmetro.info

この記事が気に入ったら
いいね!しよう