人口減少だろうが家を買う理由がある。賃貸派?持ち家派?論争に終止符を。

人口減少だろうが家を買う理由がある。賃貸派?持ち家派?論争に終止符を。

シェアする

日本の人口は今後減り続ける!都心は空き家ばっかりになる!!

ここ最近こういった報道をよく見るし、極度に煽るブログも見られます。セイト的には「うん。しばらく減っていくだろうねぇ。」以外にはあまり感想がありません。

不動産価格もどんどん落ちると言われています。しかし「日本人の欲望」は簡単に萎えるのだろうか?とても疑問。

スポンサーリンク

賃貸派?持ち家派?

神学論争的に盛り上がるこの話題。金銭的には〜。環境的には〜。色々あるでしょうし、本人が良ければそれでいいんじゃね?と思う反面、人口減少社会ではどっちが有利?と言われれば賃貸派にやや軍配があがりそう。

団塊世代と言われた人たちが日本に居て、その人たちの寿命が無くなれば当たり前に人口減少と見える傾向になるでしょう。それより出生率が低かったり、生産年齢人口(15歳以上の労働人口)が減ったりするのは問題だと感じます。

この先日本は永遠に人口が減るのでしょうか?減っていくのを指くわえて眺めるのでしょうか?

うーん、YESとは言えないなぁ。きっとどっかで反動がくると思いますけどね。

我が家は土地付きの戸建て購入なので、子供へ土地を譲れます。そうすると向こう70年後に人口が増えていく傾向が見えれば今よりは値上がりするでしょう。

その時に賃貸派?持ち家派?の論争はどう行った流れになっているかとても興味がありますね。

日本人特有なのか

先日中国に行った時に友人に聞いたことです。中国では家を持つことが「価値」とされており、結婚する際に家を購入する力がない人間とは親が結婚を認めない!

そんな風習が根強く残っているそうな。さて、その中国ですが家を買ったとしても土地は政府の物なので70年経つと返却しなければいけない。
返却」ですよ?

初海外が中国。2014年関係が悪い国へと仕事で旅立つ!

中国出張に行ってきました 12/10〜12/17で中国出張に行ってきました。38歳まで海外経験がない私が最初に…

starmetro.info

びっくりですが、それでも「人の価値」「人の稼ぐ力」として見られる為、皆買いたがるそうです。返却しなければいけないとしても。

翻って日本は持ち家やマンションは以前人気がありますよね?統計的に販売個数が減っていたとしても、そう簡単に人間って「買いたい気持ち」「欲しい気持ち」を我慢できるのでしょうか。。。?

家を買いたいと思う気持ちは日本人特有なのではなく、人間が備えた本能に近いように思います。違うかもしれないけど。

家を買いたいという気持ち

一人で家を買うってあまり無いように思います。子供が出来たのをきっかけに・・・。夫婦でこの土地にずっと住みたくて・・・。など相手や第三者がいるから購入へ踏み切る。

もし、家を買いたいと思う気持ちが人間本能の部分だとするならば、そんなに簡単に価値観が今とずれていくのは不自然。ましてや二人以上の相談を経て買うわけなのでなおさらです。

お金だけの価値観で買う、買わないを決めれるほど感情は簡単にはできてないように思うのですけどねぇ。

家を買えば出来ることも楽しみの一つと捉えてみる

マンションは階段がなく、平屋形式で買えるので歳をとっても安心です。
逆に戸建ては階段を作らないというのは余程土地が余っていない限りないでしょう。
というか、都心では階段なしはありませんね。

メリット、デメリットは戸建て、マンション、賃貸と山ほどあります。

例えば、戸建を買って外壁にはってあるもので思いつくものといえば「選挙のポスター」ですね。私はこれ以外ほとんど思いつきません。

でもこれって逆に景観こわしませんかね?「なくそう消費税!!」「戦争に子供を巻き込むな!」みたいなポスターばっかりで見る気もうせますよ。

ときどきですが、近くの学校の運動会の知らせや公民館の行事の連絡などを見る事もありますがこういうポスターはむしろ好感がもてますね。同じポスターなのになんでこんなにギャップがあるんでしょうかね?

ハッピーな気持ちにさせる広告に感じるもの

まず私が思うには「お金のニオイ」が少しでもすると敬遠するように思います。
少なくとも私はそうです。

逆に学校の行事連絡にはまったくと言っていいほど「お金のニオイ」が感じられませんし応援したくもなりますね。

ということは応援したくなるポスターをつくればいいわけで、その先になんらかのビジネスがあったとしてもそれは偶然と一緒。

そこを見据えてポスターを張れば効果が違ってみえるかもしれないですねぇ。
わたしが無知なのでそもそも景観をこわしたり不快にさせたりするのは公共的にNG。
とかだったらもう終わりです。

けど、問題なければせっかく家を購入したんだし学校の通り道にもなっている我が家の外壁に広告を出してさらに有効活用したいなぁ。
なんて地域貢献も考えています。

最後に

家を買うということは「感情」を大きく揺さぶられます。そして親になり家族をもっていくと特に感情面で変化が起きます。もし子供が増えていく社会へ向かっていった暁には、土地あまりも違った方向へ解消されるのではないか?

そんな甘い期待を私は持っていると同時に、本能的に「家族を築く場所」として人間は家を持ちたいと考えるのではないかなと思っています。

ただし、お金はずっと付きまとっていきますので、翌々感情面と吟味されることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

『人口減少だろうが家を買う理由がある。賃貸派?持ち家派?論争に終止符を。』へのコメント

  1. 名前:k 投稿日:2015/03/29(日) 01:27:37 ID:e9633b0c1 返信

    不動産業のステマですか?

  2. 名前:セイト 投稿日:2015/03/29(日) 09:30:49 ID:fbcef0daa 返信

    kさん
    コメントありがとうございます。

    ステマではありません。