わたしの告白。怒り、嫉妬、感情をコントロールできない

わたしの告白。怒り、嫉妬、感情をコントロールできない

シェアする

大人になればなるほど感情をぶつける相手も、状況も減ってきます。

それは経験によることもあれば、感覚によることもあるでしょう。

ところが、子供に大きく感情をぶつけることは子供を持った時から始まる体験なのでなかなかコントロールが難しいところ。

あなたは感情をしっかりコントロールできていますか?

とても共感を持てる記事を読みました。

知っている人は大勢でしょう。

この方の記事。

http://enrique5581.net/angry-gasoline-good-person-first-rate/

ミラクリの小林さんです。

「怒り」はガソリンだ!との事。

わたしも同じように部分的に思いますし、なにより感情をぶつけることが少なくなってきた歳だと、瞬間沸騰するのは「怒り」が一番適している。

ただ、わたしの場合そうは行かないのが悩み所。

スポンサーリンク

瞬間的に感情を爆発させてしまう自分がまだいる

自分の中の「悪」だと思うのでむやみに外に出さないようコントロールしているのですが、まだチラチラと顔を出してきます。

この記事をぜひご参考に。

親の大声・怒鳴り声が怖い!トラウマが抜けない1つの事実
日々子育てに奮闘している「パパママ」お疲れ様でございます。 家庭の事情は様々で、専業で子育てしている人もいれば共稼ぎもいます。...

声とは違いますが、30年前に爆発させ、血を流させたあの一瞬は今でもよく覚えています。

弟よ。すまない・・・。

小さいころ家族でアイススケートに行きました。

みんなで道具を揃え、履き、いざリンクへ!

些細なことだったと思います。

アイスリンク上ですぐさま弟とケンカになりました。

瞬間的に怒りを爆発したわたしはスケート靴を履いたまま弟の足を蹴りあげました。

その刹那、まさにホラー映画のように、透明なアイスリンク上に弟のスネから出血が。

詳しくは覚えていませんが、数十針縫う大怪我をさせてしまいました。

そんな側面があるわたしが、小林さんの記事でとても疑問と嫉妬に感じたのは、感情の爆発を抑えつつ怒りをコントロールできているんじゃないだろうか?

と思ったからです。

本当ですか? 文章を見る限り、とても冷静に書いているとは想像できません! その能力。う、うらましい!! 感情をきちんとコントロールできないわたしは、自分と違う能力をもっている人にすごく憧れをもってしまいます。 どうやって心のコントロールができているんでしょう? 教えて下さい。小林さん。

逆の意味で共感を持てる方

こちらも知っている方は多いと思います。
ももねいろの桃音さんです。
年齢や家族構成も近く、よく絡ませてもらっています。

この方は、多分わたしと同類な気がしています。

ブログを読んで貰えればわかる通り感情の赴くまま記事を書き、ブログが「自分」と一体化しています。

親族との深い傷も記事で読めば冷静にできるけど、本人目の前にして話聞いたら泣いちゃうかもな・・・。

きっと感情の起伏が激しい方じゃないんだろうか?どうでしょう?

異常にこどもに好かれる性格はいつか報われるだろうか

こどもと保育園にいくと他の保育園児に絡まれます・・・。

そして娘が嫉妬し、キレられる・・・。

家に帰ってきてから、娘がママにそれを報告し、ママに笑われる・・・。(汗)

高校生の頃からだったかなぁ?

なぜかこどもと動物にとても好かれるんですよ。

初対面の0歳児でも、親になった今なら腕に抱いて寝かせれるという変な特技が。

そういう部分も含めて、わたしはまだ子供なんだろうな〜。って思います。

だから「感情の起伏」をうまくコントロールできない。

勝手にそう解釈しているのですが、やっぱうまくコントロールできている人を間近に感じると嫉妬するぅ!

人と接することが意外に好きなのかもしれない

ブログを書いているとそれだけで、SNSもあり、人と接している毎日。

外にでなくてもいけちゃう。

でもね。フェイス・トゥ・フェイスで人と接するのが本当はわたしは好きなんだろうなと今再確認しはじめています。

だから余計感情はなるべくコントロールしたい。

ただおせっかいなんだよなぁ。

しかも無駄にお金のお勉強しているから口滑らせないようにしないと。

お金関係で求めていないのに、助言されるとめんどくさいじゃないですか。

つい、本人のために!とか思ってソフトにですが言っちゃうときあるので、要注意!!

さいごに一言

怒りもエネルギーだけど、嫉妬もエネルギーなんですね。

この記事は嫉妬のエネルギーで書き上げました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう