お金の考え方

洋服が欲しい・買いたいけど我慢!何も買わない自分になれる方法1つ

20代の頃にはブランド物に目がなく、クレカ使って買いに買いまくっていました。
100万、200万レベルではないかも。
でもね、買って満足するんですよね。
3日後には「あー、またやっちゃった・・・」
の繰り返し。

そんなわたしも今ではしっかり洋服・アクセサリー含め我慢できるようになりました。
むしろ「欲しい服がなくなっていってる」といった方が正解かも。

では、その方法をお伝えします。
それは、「欲しくなったら、その場でメモに書く」です。

結構アナログでしょ?
効果ないと思った?
でもね、人間って整理されてくると買えなくなる生き物なんですよね。
紙に書いているとあら不思議。
なんだか満足度は上がるし、熱は冷めてくるしでコンディションよくなる一方。

それでもまだ買いたい欲求が抑えられないとき。
最高に美味しいもの食べるといいですよ。

「欲望がひとつ叶う」
それだけで、想像以上にすっとしますから。

ほぼ無料で美味しいものを食べたいなら「ふるさと納税一択」
おすすめは、初心者~上級者までみんなに人気の「さとふる」が簡単でいいと思います。
失敗しないように電話サポートもありますからねー。
人気のお肉・カニ・うなぎなどは、さとふる公式サイトから確認してみてください。

ふるさと納税は、25歳で年収300万の社会人なら2万7千円が納税できて、税金が減ります。
そして、2万円近い「肉・魚・お菓子」が実質無料で手に入るとんでもない制度。

ふるさと納税の超初級者向けに記事を書いていますので、参考にしてみてください。

殿堂入り
ふるさと納税のやり方・手続き方法!全仕組みと始め方まとめ2020

ふるさと納税の手続き方法について簡単3ステップで紹介しています。

欲しいものを「ただ我慢」しても苦しいだけ

よくこんなこをと言う人がいませんか?
我慢する方法5つを教えます!とか。

  1. 「本当に服が必要なの?」と必要性を自問自答してみる
  2. 買ったら以前買った分を処分する
  3. 我慢の理由を考える
  4. ストレスを感じているからと自分に言い聞かせる
  5. 来月になったら買おう!と引き延ばす

これだと残念ながら、根本解決にはなりそうもありません。

我慢するのはいいんです。
わたしも経験上何度も購入を我慢しました。
でもその度にすっきりしない気持ちが、どんどん溜まるんです。

我慢したことでストレスが溜まって、また買いたくなるこの気持ち。
どーすればいいんですか?(笑

だから、我慢ではなく「紙に書いていつか買おう」と考えたわけです。
これが1週間~1か月くらいしてくると、どんどん欲しいものリストが増えます。
当たり前ですが、、、

しばらくすると変化が起こります。

最初の方で買いたかった「服、水着、バッグ」は色すら思い出せなくなってきますよ。
そもそもなんで欲しかったのか疑問がわきます。
もちろん現在進行形の「欲しいものリスト」は結構欲しいですけどねー。

ただ自分の中で、確実によい変化が始まっていると考えましょう。
これ、きっと我慢とは言わないですよね?
だから苦しくなく、ただの我慢とは違うワケですね。

くだらない目標だったが確実にお金の減りが無くなった

紙に書く。
ただこのくだらない目標を続けただけで、お金の減りがぐっと改善しました。

というより本当に欲しいものは「ずっと欲しい」という真実に気づきましたよ。
だから1ヵ月、2か月ずっと欲しいもの、記憶に残っているものは買っています。
それでも出費は全然違いますけどねー。

「紙に書くだけ」

考えなおしても、かなりどうでも良い目標ですよね。
明確に別で使う予定があるのではなく単純に「このままじゃいけない」という動機ですから。

目標を設定すたと言えば大きい話みたいに聞こえますね。
でもお分かりの通り「紙に欲しいものを書いただけ」なので、コストも500円と掛かっていません(笑

そんな感じで2015年、2016年は下着や靴下、仕事用の靴など最低限で済みました。
するとこんなにお金溜まるの?
ってくらい家計が安定しましたねー。

くだらない目標を手にゴールへ到達できたのでした。

物を買いまくっても対して心は満たされていなかった現実

当時を振り返ってみます。
今でこそ物欲が大きく減った私。
たかだか数年前はブランド物、洋服、電子機器とあれこれ買ったものの、使っていない商品も多く「いったいなぜ買ったんだ?」と。。。

きっと「物を買ってスッキリ!」した気分になっていただけなんだろうなー。

間違いなくそうだと思う。
少しでも「服が欲しい!けど我慢できない」と感じるのであれば、今からすぐにでもやったほうがいいですよ。

使わなくても「お金は減りませんから」。ご安心ください。

欲しい服があるので、最後に買いたい!でもお金がない!

もしずっと欲しかった服があって、それを期に変わりたい。
きっとそんな状況の人もいると思います。

だったら新しい服を買うことを前提に、今ある服・アクセサリーは処分しちゃったほうがいいですよ。
無理して売らなくてもいいですが、今欲求を抑えられないほど悩んでいる人ならやりましょう。
今の衝動を抑えられないんでしょ?
わたしも同じだったから、その嫌気もよくわかります。

近所の質屋にもっていってもいいですが、あんまり高値で買ってもらえません。
だったら坂上忍さんのCMで最近はよく見る「スピード買取.jp」が安心でいいですよ。
少なくとも大手は下手なことしませんから。

日焼けした毛皮、刺繍が入っているもの、汚れているもの。
少し傷んでいてもしっかり査定してくれます。
ちなみに出張してくれて、さらに無料です。

女性の方で、もし心配なら最初に問い合わせしたときにこう言ってください。

「女性を必ず同伴お願いします。」と。

[スピード買取]

服を買わなくなることに慣れる!断捨離が手頃で簡単

服を買わないためには我慢をしてはいけません。
ストレスを感じない方法で、買ったつもりになったり「実際に必要と感じたものは買う」のがいいです。

逆に必要ないなーと思うものは現金化しましょうね。

断捨離とは?

断捨離、断捨離ってよく聞きますよね。
断捨離ってご存知ですか?
使わないもの、必要のないものを処分し執着から離れる事。

私も例外なく必要のないものまで貯めこんでしまっていたので、きっちり断捨離して「現金化」しましたよ。

衝動買いした洋服など山のようにありましたので、無くなったらほんとスッキリ。
結構いけるもんだな。
そんな風に自分を見直した記憶があります。

とても簡単!!処分する行動パターンを説明するよ

処分といってもうしろ髪引かれる気持ちはよーーーくわかります。
だから、3パターンに分けましょう。

  1. 絶対必要なもの
  2. 3か月以内に「必ず」使うもの
  3. それ以外

3番に該当するのは、さっぱりお別れしましょう。
それで大体8割くらいは無くなりますから。
そしたらもう断捨離モード突入してますよ。

まぁ一度に何でもできるほど人間はうまくできていません。
慣れが大事なのです。

2014年の8月から3年経過しましたが、もう物欲がなくなってきてどうしようって感じです。
逆にこのままでいいのか?
そう思ったりもします。
なにせあんなにブランドアクセサリーや洋服を買っていた自分の心境を忘れたし、欲しい!と駆り立てられない・・・。

このままお金使わない方向でいくのでしょうか(笑)

一度気持ちさえ抑えちゃえば、気持ちは再度高ぶってこないもの

この記事をここまで読んでくださり、ありがとうございます。
今はまさにあなたは、どうしようか迷っていると思います。
個人的に中途半端はよくないと思うたちなので、「売ったほうがいいよ」と言っておきます。

でも、踏ん切りがつかないなら「紙に書く」
ここからスタートしてはどうでしょうか?
恋人・家族がいる人であれば将来のためにも、やるべきですよ。

自分の為、家族のため、目標を持っていくことで自分の行動を律していくことこそが人生の重要な経験だと私は思っていますので。

絶対売ってはいけないもの

よし!売ろう!
そう踏ん切りがついて売る気になっても、1つだけ売ってはいけないものがあります。
それは「思い出の品」です。
きっとそれを売ろうとする人はいないかもしれませんが、気持ちが高ぶっているときはよく自制できないものですから。

お金になっても思い出の品は、じっくりゆっくり考えましょうね。
もう15年以上前に買った「バーバリーブラックレーベルのバレンタインデー限定のTシャツ」があります。(ハートマークが胸にあるやつですね)

とても仲の良かった友人に薦められてお気に入りだったものでした。

その友人と沢山遊んだ思い出も含め売らないことに決めました。

服を買いたい!
我慢できない!
そんな方は、この記事を何度か読んでいただけると幸いです。

限度額をチェックしよう!

ふるさと納税のシミュレーション

年収や家族構成でふるさと納税の限度額は1000円単位で違ってくるため、申し込み前には必ず「シミュレーション」をおすすめしています。

楽天ふるさと納税かんたん計算機大人気

さとふるシミュレーター

ふるなびシミュレーション

ふるさとチョイスシミュレーター

-お金の考え方

© 2021