友だち追加

ふるさと納税 生活用品・家電

ふるさと納税でSONYソニービデオカメラ!2018年がラスト?

更新日:

ふるなび

ふるなび

ふるさと納税でビデオカメラがもらえる自治体は1つだけです。
宮城県多賀城市のSONY製デジタルビデオカメラが、20万円の寄付と44万円の寄付の返礼品に指定されています。

ソニーデジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-PJ680(TI) ブロンズブラウン

ふるなび

  • 寄付金額:20万円
  • 市場価格:6万2800円
  • 還元率:31.4%

めったにすることはありませんが、走りながらでも安定した映像を撮影できることで有名です。
ソニー製は、手ブレ補正機能が優れているので大好きですね。
こちらも例外なく、手ぶれ機能を搭載したデジタルHDビデオカメラ。
プロジェクターを内蔵しているモデル。

64GBの内蔵メモリーは結構巨大です。
あと、Wi-Fi/NFCを搭載しているので、アプリ・モバイル系端末と連携して、リモート操作や撮影映像が見れたりできますよ。

ふるなび

ソニーデジタル4Kビデオカメラ レコーダーFDR-AX100

ふるなび

  • 寄付金額:44万円
  • 市場価格:18万2000円
  • 還元率:41.3%

4Kデジタルカメラで他社の追随を許さないソニー。
そのソニー製4Kの最高峰は「FDR-AX100」です。

4Kで撮っても見れる端末が少ないのが苦しいところですが、一度見るともう離れられませんね。
走りながら子供や動物を追いかけたりした動画を撮る人は、手ぶれについて4Kだとまだまだ改善の余地ありな感じがします。

え?そんな無茶なことしない?
流し撮りで2時間はいけるということなので、たっぷり撮れるのは間違いないでしょうね。

ふるなび

ソニーデジタルHDビデオカメラレコーダーを使ったユーザの声を聞いてみた

スマートフォンで動画撮影ができるとは言ってもやはり専用のビデオカメラを用いた物とは雲泥の差があり、当然我が子の成長の記録は優れた品で残してあげるべきです。

日常生活はもちろんですが、最も大きな成長が感じられるのは親の目から離れた集団生活の中で奮闘する姿であり、代表的なのが幼稚園や小学校での運動会などです。

そうした利用シーンで活躍するのがソニーデジタルHDビデオカメラであり、ビデオカメラと銘打っているものの単に動画撮影だけを実現するものではありません。
それはこの手の製品ならではの撮影したものの、想定していたよりも後から見直す機会に恵まれないといった悩みを払拭してくれる新システムが搭載されているためです。

その新システムというのは既にプロジェクターも内蔵されているという事であり、コンピュータのディスプレイやテレビ画面に対して有線にて接続しなくても大画面で家族と共に見返せるというものです。
しかも、本体メモリに保存されている作品に限らずHDMI端子に有線で接続すればスマートフォンやタブレットといった他機種で得た動画も投影可能であるので、ソニーデジタルHDビデオカメラを一台所有すれば同時にプロジェクターも入手できるといった事になります。

もちろんこうしたハイブリッド型はこれまでに無かった形式なので、利便性が高いとしてもソニーデジタルHDビデオカメラ以外では恩恵に授かれないので指名買いする消費者が多いです。

また、運動会などの特別な日には父親や母親が即席のカメラマンとして活躍しますが、素人に起こりがちなのが常に手ブレが起こっていたり動かす時に激しくし過ぎてしまい目が回ってしまう事です。

そこでソニーデジタルHDビデオカメラでは従来の手ぶれ補正よりも尚更揺れが抑えられる空間光学手ブレ補正という機能を搭載しているので、思わずカメラそっちのけで肉眼に映る光景に集中してしまっていてもきっちりと大事なシーンが保存されています。

さらにカメラというのはスチールも含めて共通してズームするほどブレが強烈になりますが、ソニーデジタルHDビデオカメラは空間光学ユニットにより遠くの被写体をフレーム内に収め続けるのも簡単なので運動会にもってこいです。

加えて長年音響設備にも携わり続けていてトップに君臨し続ける企業だからこそ使われているマイクも高品質であり、新たに開発が行われた技術によりクリアで高音質な音声がシーンを選ばずに記録されます。

ソニーデジタル4Kビデオカメラ レコーダーFDR-AX100を使ったユーザの声

ソニーデジタル4Kビデオカメラはフルハイビジョンの4倍の画素数を持ち4K撮影が可能です。従来のハンディカムで採用されているCMOSセンサーに比較して約4.9倍の受光面積を持ち、高感度かつ低ノイズを実現しています。
新開発の大口径レンズを採用し、色収差を大幅に補正し、高コントラストで解像度でも高画質を実現しています。
新世代の画像処理エンジンを搭載して処理能力がさらに向上し、被写体の質感表現や、高精細な描写をより忠実に再現できるようになっています。
新開発のICを搭載することで音質のクオリティが各段に向上しています。
撮る人が例え大声を出したとしても撮る人の声だけを低減して記録できるようになっています。
フォーカスとズームは本体のスイッチで切り替えることが出来ます。マニュアルダイヤルを使用してアイリス・ゲインやISO、シャッタースピードなどを素早く調整して撮影を行うことが出来ます。
レンズからイメージセンサーに入る光量を調節するためのNDフィルターを2枚内蔵し、シャッタースピードや絞りの調整が可能になっています。
解像度約92.1万ドット、タッチパネル式3.5型の高精細有機ELファインダーを備え、約31度の広視野角が確保されています。4K対応液晶テレビに転送でき、フィルム映画と同じ24フレーム毎秒のフレームレートが採用され、シネマトーンにも対応しています。
赤外線を使って暗闇でも被写体を撮影することができ、AVCHD動画とMP4動画の同時記録が可能です。
Wi-Fi通信機能を内蔵しているのでハンディカム内の映像や写真をワイヤレスでPCへ保存したり、テレビで再生して楽しむことが可能になっています。
7種類のエフェクト機能を搭載しているのでライブビューでその効果を確かめながら印象的な作品作りを行うことが出来ます。
別売のclass10のメモリーカードを使うと4Kも長時間記録が出来ます。
ソニーデジタル4Kビデオカメラのおすすめポイントとしては、カメラが撮影の頻度を検知するので撮影日時情報と合わせて映像を自動的にイベントごとにまとめる機能がついています。
従って2日にわたる旅行の映像もこれをまとめてハイライト再生して確認することが出来ます。しかもこれは2段階まで調整できますのでさらに細かなコンテンツごとに見ることが出来ます。
静止画のミックスやショートムービーも簡単に作成することが出来ます。お気に入りのハイライト再生は8個まで保存でき、ゴルフショットなどは動画と連続写真でコマ送り再生したり静止画の一覧表示も可能になっています。記録はブルーレイ・ディスクレコーダーに取り込むことが出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お礼品サーチ

ふるさと納税の返礼品検索

-ふるさと納税 生活用品・家電
-,

Copyright© ふるたび , 2018 All Rights Reserved.