加工食品

熊本県のふるさと納税返礼品レビュー錦町の「黒ホルモン」を食べてみた

熊本県のふるさと納税返礼品レビュー錦町の「黒ホルモン」を食べてみた

ふるさと納税返礼品、熊本県錦町の「黒ホルモン」を食べてみました。

黒ホルモンは錦町にある「市房食堂」という、ホルモンが美味しいと地元で有名なお店の商品です。

国産牛の内臓「ミノ・ハチノス・ギアラ」の秘伝タレ焼きホルモン。

私もここの黒ホルモンと豚足が大好きなので、今回はふるさと納税返礼品の黒ホルモンと実際お店で出してる黒ホルモンを食べ比べてみました。

https://item.rakuten.co.jp/f435015-nishiki/55630006/

https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=239722

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/43501/4447336

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

市房食堂のホルモンは、臭みがなくて美味しいと昔から評判で、70歳の父達は昔から「黒ぞうきん」と呼んでたそう。

個人的にその言い方はどうか?と思いますが、なんだかんだでちょいちょい通っているお店。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

場所は地元の一武小学校の前の通り沿いにあります。

近くには錦町役場があったり、昔は中学校もあったそうです。

今は錦町を東西に走るメイン道路の国道219号線から1本入った道沿いになりますが、昔の国道なので栄えていたんですね。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

今でも狭いながらも交通量の割と多い道路です。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

現在の市房食堂です。

黒ホルモンの他にも豚足や韓国チヂミなども人気で、地元の人で賑わっています。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

個人的には市房食堂の豚足が好きで、お持ち帰りができるので、家で食べる時には電話をして大きな鍋を持っていきます。

だいたい一人2つは食べるので、家族みんなの分を買うとなると大きな鍋でも満杯になってしまいます。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

豚足もそうですが、ホルモンの臭みも全くなく、本当に柔らかいんです!!

味も抜群!甘過ぎず辛過ぎず。

他のお店の食べると、「あーーーやっぱ市房食堂のが食べたいね!」ってなるんです。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

そんな市房食堂の人気商品「黒ホルモン」が、なんと電子レンジで1分加熱するだけで食べれるんですよ!

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

材料は、国産牛のミノ、ハチノス、ギアラを使ってるんですね。

牛には4つの胃があって、1番目の胃をミノ、2番目の胃をハチノス、3番目の胃をセンマイ、4番目の胃をギアラと言います。

黒ホルモンに使われている牛の胃の種類を紹介しますね。

牛の1番目の胃「ミノ」

コリコリとした硬い食感が醍醐味で、食べるときは包丁で切り込みを入れる場合が多いのです。

切り開いた形が蓑笠に似ていることから「ミノ」と呼ばれるようになったんだそうですよ。

2番目の胃「ハチノス」

ハチの巣のようなボコボコとした凹凸があってスープやトリッパなどの煮込み料理にもよく使われますね。

4番目の胃「ギアラ」

赤センマイとも呼ばれ、ホルモンの中でも肉に近い食べごたえがあるんです。

地元住民に愛され続ける【市房食堂】の黒ホルモンとは?

この3種類のホルモンを創業時から変わらぬ製法で釜で焼き上げ、秘伝のタレで味付けしたものが、伝統の「黒ホルモン」なんです。

新野望
個人的にはハチノスが好きです

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

では早速、調理します!

と言っても、袋に亀裂を入れて電子レンジで1分チンするだけ!

仕上げにネギとゴマをかけます。

これだけであの味が味わえるのです!

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

こちらは、地元の道の駅で売っている市房食堂の黒ホルモン。

お店でも買えますが、今回は道の駅で買ってきました。

完売してしまうほど人気です!

この日も最後の1パック!ギリギリセーフ汗

返礼品は、「真空パックし冷凍してありますので風味を損なうことなくおいしく召し上がることができます。」とのことですが、味比べをしてみようと思います!

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

こちらは、真空パックされていて今ほどレンジでチンした黒ホルモン。

黒いホルモンに赤いタレが染みています。

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

こちらは、今日販売されていた出来立ての黒ホルモン。

見た感じ、そんなに変わらないですね!

小さい頃は、この黒い物体ががなんだか分からなくて、やたら大人が食べているコレは一体何?と思っていました。

ムシャムシャ食べてるけど…この見た目から美味しそうだとは想像できなかったのです。

でも美味しさを知った今はヨダレが出ますね。

ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想

では、食べてみます。

新野望
すっごく柔らか〜い♡

ホルモンって噛んでも噛んでもいつ飲み込んでいいのか分からないくらい硬いのありますよね?

このホルモンはすっっごく柔らかいんです。

そしてホルモンの臭みが全くなく、旨味と辛みのバランスが絶妙な秘伝のタレがこの柔らかいホルモンに良〜く染みていて美味しい!

見た目の割には辛くなので、辛いのが苦手な方でも大丈夫!

お酒がすすみます。

道の駅で買ったものと食べ比べてみると…

ん???

全然変わらない。

若干真空パックの方が柔らかいかな?味がちょっと濃い気がする?くらいです。

長年食べ続けている私の父に、どっちか分からないようにして食べてもらったところ、「いや本当に分からん」と言っておりました。

そのくらいお店の味と変わらない商品です。

熊本県錦町ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想まとめ

熊本県錦町ほるもんじぃの国産牛「黒ホルモン」を食べてみた感想まとめ

昔から煮方と味付けがすごく良い!と評判の市房食堂のほるもんじぃの「黒ホルモン」。

この地域では豚足もポピュラーな食べ物で、小さな商店でも売っているほどですが、ここの市房食堂の豚足は別格!

かなり人気があって、あの豚足の骨がポロポロと剥がれるくらい柔らかくて美味しいんです。

なのでホルモンも美味しく柔らかく煮る伝統の技術があるんだなと納得!

味も癖になる美味しさで地元の「球磨焼酎(米)」との相性が良く、長酒で有名な熊本県民の心を掴んだのですね!

そんな地元に愛される市房食堂の「黒ホルモン」と同じ味を、レンジで1分チンするだけで楽しむことができますよ!

是非食べてみてください!

限度額をチェックしよう!

ふるさと納税のシミュレーション

年収や家族構成でふるさと納税の限度額は1000円単位で違ってくるため、申し込み前には必ず「シミュレーション」をおすすめしています。

楽天ふるさと納税かんたん計算機大人気

さとふるシミュレーター

ふるなびシミュレーション

ふるさとチョイスシミュレーター

-加工食品
-

© 2021