過去記事と向き合い余計に悩みが増えたが開き直れた日

過去記事と向き合い余計に悩みが増えたが開き直れた日

シェアする

TakeItEasy

ブログ執筆にあたって「ご挨拶とプロフィール」でも書きましたが過去にいくつかブログ経験があるけれどもあまり打ち込んではいません。

むしろ日記要素が強く読んでいて疲れない内容にしすぎるあまり、いくつか自分なりに問題を感じていました。

スポンサーリンク

はじめに

ブログとして書く意味をどう位置付けるか?これによってブログの記事が大分変わってくきますし、今やSNSでの情報交流は当たり前の時代。

twitter,facebookなどで同じ事が出来る以上ブログにする理由を予め考えておかないと変なページになってくるように思えます。

そして、どうすれば他のブログと差別化できるか?そう自問する日々ですが、なかなか良い答えが・・・出てきません。

過去ブログから思う気になる内容

いくつかありますが以下のような部分が問題ありと自分では判断しています。

短文すぎる

これは問題というかなぜそんな記事を書いた?(笑)と思われても仕方ないような記事が多く見直すと恥ずかしさで時が止まりそうです(涙)自分のブログだから何書いてもいいだろう!!なんてとても思えませんでした。

スタイルがばらばら

で?結局なにが言いたいのと思わせる記事ばっかり。問題提起して終わり。う~ん、まずいですね。ブログのスタイルが決まっていないので感じた通りに文章にしているだけで記事の向こうの読者をまったく意識していませんでした。

まとめ

今はブログを始めたばかりなのでどうやって読みやすい記事や内容にしていくか?この知識と経験が皆無で、ここ数日考えていましたがまるで思い浮かびません。

3日で有名ブロガーといわれる人の記事を100個は読みましたよ。。。

しか~~し、ピンときません。いざ記事を書こうとするとどうやったらうまく書けるだろうか。。。

この地点から足が動かず記事が書けないという状態です。まさにとりあえずやっちゃえばいいじゃん~!という子供のスタイルと真逆です。そうなんです。やってしまえばそこから見えてくるものがあるはずなのです。

当面下手くそな記事が続くと思いますがよろしくお願いします。

とりあえずは「見出し、小見出し、まとめ」と文章を書いた後に振り返って校正をする事から始めたいと思います。

差別化についてはそもそもブログは管理者(記事を書く人)が違う時点でコピーしない限り同じ記事にはならないはず。

経験を記事にしていくことがいずれ差別化されると今は思っておきます。経験を伝え続ければいつか変化が起きてくると信じてみますね。

初心忘れるべからず!ブログも楽しまないとだね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう