「守ってやる!」子供に言った癖に、楽しさの追求を忘れこのざまだ

「守ってやる!」子供に言った癖に、楽しさの追求を忘れこのざまだ

シェアする

By: NAVFAC

クリエイティブな仕事がしたい!!!

若干22歳で大学を出たばかりの夢に満ち溢れていた時をしばしば思い出します。

会社の規模は小さくて将来自分が大きくしてやる!!

そんな野望も胸に抱いての状況でした。

思えば小さい頃から人一倍好奇心旺盛でとにかくやってみないと気が済まない。変な話ですが沸騰している鍋の縁がどれだけ熱いかってどうやったら分かります?

そう。触るしか感覚はありません・・・。

私は迷わず触る人です。火傷する程ずっとは触りませんが熱いと感じる寸前までちょっとだけ触る感じ。うーん、自分でもバカだなぁと思います(笑)

スポンサーリンク

社会人16年目に突入寸前

技術一筋50年などという極めた職人さんに比べれば、超ひよっこの私。たかだか16年程度で何の戯言を!ってお叱りを受けそうですが、言わせてもらいます。

ここ最近は同じ職場内で新しいことに好奇心が湧きません。

違う製品や違う商品。もしくは違う部署との交流にも腰が重い。嫌だとか嫌いだとかではないのです。とにかく腰が重い。

自分でも色々考えた処ある疑問と答えが浮かんできました。

社会人1年目の頃の自分と比べて

今から16年前と比べ圧倒的に減ったのは「野心」当時なんでもできる!願えば叶う!そんな気持ちで仕事に取り組んでいたので社会というものを知りません。

年月が過ぎていくと余計な知識が増え、「あれ?なんか自分が前に進んでいる気がしないぞ?」と変化していく。

いい意味で大人になったのと、悪い意味で冒険しなくなったということでしょうね。

そして肝心の疑問がこれ。

元々備わっていた好奇心は消えたのか?

さぁどうなんでしょう。まさか消えたとは思えません。

エネルギーの量が多少減ったのはあるかもしれませんが、今でも「強烈に冷たい!ドライアイス」が目の前にあったらうずうずしてしまいます(変態ですね)

楽しさがない

自分の周りでもしこれだけの好奇心具合を見せてくれる人がいたら、違った職場だったかもしれません。みんな日々の生活を「こなしている」だけにしか見えない。

もっと楽しんでいいはずなのに。

いや、多分私も周りからそう見えているでしょうね。事実、湧き出すような好奇心が出てこない。つまり楽しくさを感じない。飽きなのかもしれませんが、ちょっと違う。

きっと私が欲しいのは「楽しさ」。純粋にスポーツをやって楽しい!って感じるようなハツラツとした楽しさ。

なぜ仕事とリンクさせることができないのでしょう・・・。

悔しい事ですが「やらされ意識」が生まれつつあります。

社会人1年目に持っていた気持ち

初心は忘れるといけませんね。子育ても仕事も。

最初オギャーと泣いた時の子供の可愛かった事。あのとき「ずっと守ってやる!」と心に誓ったものの、日々忙しさやストレスから初心を忘れてしまっています。

仕事も本当に自分がやりたい事を考え、今を大事にすることを疎かにしています。

もっと周りを巻き込んで色々な新しい事に挑戦しよう。そして自分に活力を取り戻そう!

そんなに簡単に人間好奇心が薄れるものではないですし!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう