3年間毎日50本以上ブログを読んだ私が言う「継続」の極意

3年間毎日50本以上ブログを読んだ私が言う「継続」の極意

シェアする

小さいころは気付きませんでした。「継続」の力を。

そして「継続」は「いつ」真価を発揮するのかも。ただ続けてやれば3年以内には何かしら見えてくるものです。私の場合はそうでした。

どれだけ本気で取り組んだか?その点もまた重要。

なぜなら、人間は忘れる生き物だから。よっぽどな記憶力の持ち主じゃない限り反復練習しないと忘れます。もちろん私もどんどん忘れます。

ではどうやって私は「継続」を維持するか?

答えはとても簡単。今は道中だと理解するだけです。

2年後、3年後に変化した自分が必ずいることは間違いないので、今はただの過程。

スポンサーリンク

小さいころから体で教えられている「継続」

義務教育

日本人は教育がとても行き届いた国ですよね。小学校、中学校と義務教育で知識と教養を一通り教えてもらいます。また、モラルも高いと感じています。

学校で教えてもらうことって実は反復練習が基本中の基本です。それは私が言わなくてもブログを読んでいる「あなた」なら百も承知でしょう。

小さいころに習った授業の細かい内容は覚えていないかもしれませんが、どの授業も似たようなことを繰り返していたケースが多いのではないでしょうか?

もちろん授業なので段々とスキルアップはしていきますが。

つまりこれこそ「継続」だと私は思うのです。

そしてそれは、どの人にも基礎として埋め込まれている能力なのだと感じています。

運動による継続

体育の練習なんかは良い例ですね。逆上がりできなかった子供が段々とできていく。これはコツを体で覚えることが重要なのですが、継続して練習する事に意義があり、そのことから自然と出来るようになりますね。

これもまた「継続」を利用していると思っています。

大人になるにつれ違った部分の継続力が必要

社会人になると仕事のスキルが必要

社会人になると仕事をしますよね?そうなると色々な能力が必要になってきます。技術もさることならが、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、聴く力。様々です。

最初は大多数の人が上手く行かないものですし、先が見えないと不安になることも。

先が見えない人も小さいころから同じ経験をしている

前述しましたが小さいころから「継続」の結果を人は知っています。つまりある程度本気で続けると何かしら見えてきます。仕事であれば自分とマッチングしている部分としていない部分など。

もちろんすぐに結果がでないのでマッチングしていない!と判断するのは誤りですが、本気で打ち込んだ後に見えてくるのは、

ある部分は自分に合う、ある部分は自分に合わない

といった結末。

参考 ブログスキルが上がらない・・・。いや、昨日よりいい記事書いてますから

私の継続経験

私が本気で勉強した経験

私が社会人になって取り組んだ経験の中で一番しっくり来ているのが、人のブログを読んだ経験になります。

2005年頃辺りでしょうか。自分に物凄く近い人が新興宗教にハマりました。私はその人をどうにか抜けさせてやりたくて勉強に勉強を重ねました。生きてきてこれほどエネルギーを注ぎ込んだ勉強は無かったほどです。

1年、2年と説得を繰り返しましたが、とうとう団体から抜けることは叶いません。

宗教についての勉強も重要だったのですが、実は宗教と「政治」の結びつきは一言では現せない程密接です。戦争の歴史を見ればきっと理解できるでしょう。

昨今、マスコミによく取り上げられる「ISIL」などもそう。

話は少しそれましたが、政治を知らずに「新興宗教」は語れません。その為、上に書いたとおり「人様のブログ」を読み漁りました。

それまで政治の「せ」の字も知らなかった私。政治ブログなんて意味不明。3日くらい読み続けた辺りで吐き気がでるくらい不毛な毎日を感じましたが、新興宗教から抜けさせたい一心で頑張りました。

今はほとんどマスコミに出てこない「小沢一郎」氏も当時は知りませんでした(笑)

もちろん「小泉純一郎」も聞いたことある!程度。ひどいでしょ?

2年間読み続けた事

私は「人気ブログランキング」の1位〜50位を毎日4時間掛けて2年間ほとんど休みなく読みました。「はははwそれだけ?」と思われるかもしれませんが、知らないジャンルのブログを延々読み続ける事。

やってみると「しんどい」ですよ。

最初の3ヶ月くらいが一番きつかった。

衆議院とか参議院ともその頃からやっと意味が分かってきたのを覚えています。

途中からランキングの順位が色々変動していくのや、少数派の意見が叩かれる事例、右翼、左翼両方の意見も面白いと感じるなど急成長した自分がいました。

後から気付きましたが、これも結局「継続」だったのです。

次に取り組んだのは経済

「宗教」「政治」「経済」この3つはアシュラマンの3仮面ごとく全て裏で繋がっていますね。切り離せないジャンルでした。これも後々気付きましたが。

マクロ経済学も「政治」を勉強していると時折出来てきましたが、さっぱり分かりません。政治分野を一通り勉強したら「経済」分野へ移行することは決めていましたが、案外別ジャンルなのですよ。

これも結局「人気ブログランキング」の1位〜20位までを1年〜2年掛けて延々読みました。

その結果、経済の力学については段々理解して大人になっていき、今に至ります。

継続の極意

継続の極意は結局、

結果が出ると確信しているかどうか?

なのです。

でも知っているはずです。小さいころから努力した結果には何かしら付加価値で産まれてきたことを。

思い出せば山ほどあるはずですよ。

継続の結果は見えている

私の場合ある程度、継続して物事を続けていくとそれなりに自分が満足する結論を出せています。最終地点かどうかは分かりません。

ただ今の不毛に感じる道中も数カ月後、1年後に変化している自分がいるのは、確信しているので、今があまり辛くありません。

「あ〜、なんか良くわからないなぁ。まぁでも数カ月後には理解できてるでしょ〜」と気楽に構えることが大事ですね。

案外、新しい知識を得ている!という充実の方が多いのかも?

以前、小学1年生の壁について記事にしました。

参考 来年は小学1年生。共働きでシフト勤務の我が家が窮地に!

来年移行、過程の事情が大きく変化する可能性があり、仮に仕事を私が辞める選択をしたら??

よく考えるようになっています。

さて、その時我が家の状況は好転するでしょうか?う〜ん、微妙ですね。確実に金銭面では悪くなります。

新しく在宅で出来る仕事に本気で取り組んだら明るい未来は来るでしょうか?

これまた微妙。

継続すればそれなりの結果が得れる

確実な未来などありません。ただ、我が家が良い方向へ向かうためには「在宅含め稼げる何か?」を見つける必要があります。

フルタイムはどのみち子供の時間割上、当面無理なので。

「稼げる何か?」をすぐ見つけることは困難かもしれません。

が、なにかしら見つけて、また頑張ってスキルを身に付ければ良いのです。

過去何度も無知からスタートし結果を残した

継続!!

という方法を使って。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう